Q「垂直多関節ロボット」とはなんですか?

A

人間の腕のような形状で自由度が高く、現在もっとも活用されている産業用ロボットです。
ロボットアームとも呼ばれ、その多くは3次元空間作業に必要な6軸機構が主流になっています。
汎用性が非常に高く、搬送から溶接や塗装、組立まで幅広い工程に導入されていることも特徴です。

主に軸数: 4~7軸の物が用いられます。

「垂直多関節ロボット」を用いた設備製作は、工場無人化ナビまで御連絡ください。

装置事例はこちら>>
プロセス改善事例はこちら>>
サービス提供の流れはこちら>>